合同会社アソシエ代表 キャリアコンサルタント 伊藤鷹代 さん

新緑の5月。くじゅうの山行き。蛍光塗料のようなライトグリーン。木漏れ日のシャワー。
心身ともに、細胞が活性化。気持ちよさに心躍ります。そんな、新緑、新芽の季節にぴったり。大学生を中心に、厳しい若年者の就職活動を支援する、プロフェッショナルの仕事術。合同会社アソシエ代表、キャリアコンサルタント伊藤鷹代さんご登場です。

伊藤鷹代のプロフィール

キャリアコンサルタント
ブログ:破顔亭日記
大手住宅メーカーに長年勤務後
2006年7月7日起業
「合同会社アソシエ」代表
NPO法人ライフキャリアカウンセリング協会 代表理事
NPO法人起業支援ネット 理事
・名古屋ワイン党の会幹事長

■ 仕事を通して幸せな人生が送られるように

学校を卒業すれば、ほとんどの人が働くことになります。大人の生活のかなりの割合を占めるのが仕事。この仕事がワクワク楽しいものであれば、かなり幸せ度が高くなるのでは?
かかわった人たちが幸せな仕事人生を送れるよう、全力で支援しています。

■ キャリアコンサルタントって・・・

長い間、住宅メーカーで働いてきました。その頃は、しっかり働きバチ。“自分のそして組織の”成果を上げることだけに必死でした。ある時ふと・・・「こんな人生でいいのかな?」と迷うようになり、少しは世の中のためになることをして恩返しをしたいと考えるようになりました。

サラリーマン時代の後半は採用・研修の仕事をしていましたからそのスキルを活かして世の中のお役に立つことは?と考え独立。現在の会社(合同会社アソシエ)を創業しました。主に若い人たち(大学生、高校生、フリーター)の就職を応援しています。

キャリアコンサルタントという資格は約10年前に出来たもので、世の中に広くは認知されていません。どんな仕事をしてお役に立つのか?また、私がどのような人物なのか?(=相談するに足る人間なのか?)等々なかなか説明しづらいこともあり、独立してからの七転八倒を綴ったブログの中から抜粋し、小冊子を作って業務説明ツールとしています。
ブログ:破顔亭日記 気まぐれに更新中

■ 本物の支援を

出口の見えない不況の中、若者たちも就職活動に苦労しています。そんな不幸?を嗅ぎつけて色々な大人たちが就職支援は儲かるらしいと、若者たちや学校にアプローチしています。中にはとんでもないHow toを「売る」方々もいらっしゃいます。けれども付け焼刃のアザトイ知識で就職が出来るなんてことはありませんし、万が一就職できてもそんな新入社員は役にも立たないし本人も幸せではないはず。手間はかかりますが、学生ひとりひとりとしっかり向き合う個別相談を重点的に行い、就職活動で彼らが成長できる支援を行っています。

『通る!エントリーシートの書き方』『内定獲得のための面接作戦』『もと採用担当者が教える就活必勝法』なんてセミナーをどーんと行なったり、本を書けば、注目もされるし儲かることは百も承知していますが、若い人たちのため世の中のためになるとは到底思えませんから、いたしません!!地味・商売下手と言われようとも、頑固に基本を守り本物のキャリアコンサルティングを目指しています。

■ 仲間に恵まれて

地味で頑固なワタシですが、その想いに賛同する仲間に恵まれ、現在9名のキャリアコンサルタントとともに愛知県の大学、短大で個別相談やセミナー等を行っています。
仕事仲間にも恵まれていますが、仕事先の方々もこんな頑固なワタシの想いをご理解くださり使っていただいています。「出入り業者」にもかかわらず、言いたい放題やりたい放題、伸び伸びと支援が出来ること、これも幸せなことです。

■ ゼニカネ抜きでやらねばならないことは

企業は利益を上げ継続させる社会的使命もあります。けれども、世の中、時には「ゼニカネ抜き」でやらねばならぬ事、やりたい事があります。
私の場合そのひとつが、“ひきこもり”と呼ばれる若者たちの社会復帰です。これについては個人としてボランティアでかかわっています。

      ***********

■ 私の愉しみ

食・飲・旅・撮 これが私の愉しみです。
食べて飲んで旅をする、旅先で出会った感動を写真として切り取る、こう書いているだけで、荷物をまとめて旅に出たくなります(笑)

食べることが大好き!おいしいお店に出向くことも楽しいですが、自分で作って家族や友人に楽しんでもらうことも好きです。こう見えても料理人としての腕前もなかなかなものです(笑)
お料理がおいしければ、それに合わせるお酒は何にしようかな?…日本酒・焼酎・ワイン・ビール うふふ これも楽しみ。

今の事務所は、立派なキッチンがあり会議スペースもたっぷりありますから、親しい人たちを招いては「打ち合わせ」と称して料理を作りお出ししては“居酒屋ごっこ”を楽しんでいます。

そう言えばやってみたかった仕事の中に、バーのママ、小料理屋の女将がありました。料理はまあまあ出来る、しかもカウンセリングを学んできたのだから、お客さんの愚痴なんかもしっかり聴いてあげられる、適職じゃないの。なーんて友人と話していたものでした。
今が夢のプチ実現でしょうか?
そしてもうひとつのやってみたかった仕事、旅行添乗員がワタシの人生にとんでもないことを引き起こすのです。これについてはもう少し後のお楽しみ。

■ ワインの魔力に引き込まれ

ワインは1本開けると飲みきってしまわねばなりません。小人数の食事で飲める銘柄はせいぜい2種類。もっと沢山の銘柄を一度に楽しみたい、そんな思いでワイン好きの友人とワインを楽しむ会「名古屋ワイン党の会」を立ち上げました。
ワインの会ではありますが、ワインのウンチクは一切語らず、ワインと食事と会話を楽しむゆるーい会です。ワインの味わい香りは人々の顔が同じでないように、ひとつずつ微妙に違い、また合わせる料理や集う人によっても変化します。飲めば飲むほどその怪しい魅力に引き込まれていきました。

ワイン党の会では、ワイン会も行いますが、大人の遠足と称して国内のワイン産地を訪れたり、県外でもおいしいと評判のレストランがあれば出向いて食事をしたりしています。

大人の遠足が嵩じて、海外にも行ってみようと言うことになり、「海外遠征」と称する旅行は、開始して11年目になります。年に1回、ヨーロッパのワイナリーを訪れ、本場のワインを味わうという飲兵衛には夢のような旅です。これまでフランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、クロアチアなどに遠征しました。

今年の旅はスペイン、アンダルシア地方とバスク地方~フランス北西部のリゾート地ビアリッツへ行きます。もし、ご興味のあるかたは、ご連絡ください。
ヨーロッパのワインの香り、豊かな食生活を体感するのはもちろんのこと、訪れる土地の歴史を学ぶこと文化の奥深さに触れることも、愉しみになっています。10年続けて少しは人としての深みも増したかしら?これはあまり自信がありませんが。

■ オバサン添乗員欧州を行く

話は少し前に戻りますが、やりたかった仕事のひとつ、旅行添乗員。もうお判りかとおもいますが、ワイン党の海外遠征では頼まれもしないのに添乗員役を買って出て、粗いながらもかいがいしく同行者のお世話をして10年。今ではお世話も愉しみのひとつになっています。これもプチ実現なのかな?
添乗員として良い仕事をするために、ナマケモノのワタシが生まれて初めて一生懸命予習をするようになり、きっちり旅行スケジュールを組むようになり、かなりしっかり者になりました。ワイン遠征によってワタクシ改造も進んだのでした。

■ ご縁の不思議さありがたさ

ワインと料理の相性を考えることはとても奥深く楽しいものです。レストランで選ぶ時も、自ら料理をすると時も。旅だってその通り。10年続く海外遠征も、毎回素敵な皆さんと同行できるからこそ超逸品な旅に仕上がります。思えば仕事でもよい仲間、理解ある仕事先に恵まれ、ワタシの実力以上のものが出せているように感じます。
ご縁に感謝!です。

▲ワインと食事▲家族経営のワイナリー ラベル張り作業

■ あこさんのこと

ご縁の不思議と言えば、忘れてならないのは、この「ひとリンク」にお誘いいただいた白石明子さんのこと。
あこさんとは、昨年5月に「ひとリンク」に登場した永田朱実代さんのご縁で知り合いました。お会いして1秒でその魅力に惹かれ大好きになりました。それから数年…どうしていらっしゃるかな?なんて思っているとメールをいただいたり、突如「名古屋へ行くの、お食事でも」とお誘いいただいたり。ほんと、不思議で愉快なかた。これからも末長くお付き合いくださいませ。

■ 白石あこから伊藤たかよさんへ

たかよさんの笑顔最高!!!です。

骨太、ホンモノのキャリコン魂受け取りました。私もキャリコン。だからこそわかる志の高さ。改めて、たかよさんの情熱に動かされました。すでに一冊いただいていたのですが、上記の小冊子「鷹のつめ」を是非、送ってください!!と、大量50冊。そんな無茶振りに、快くOK。ありがとうございます。

そして、プライベートはワインを愛し、ワインを求めて海外のツアコンまで。
本当に魅力的なたかよワールドです!!!
私もテーブルコーディネートが趣味なので、食卓にワインと美味しいお食事を♪教えて欲しいです。是非、「ワインの旅」参加させてください。

たかよさんとのキューピットは大阪のすみちゃん。彼女の会話には、いつも伊藤さんが登場です。伊藤さんへの思いはプラスのことばかりです!だから、私も会いたくなります。

さて、一番の思い出は、私が名古屋に出張の際、夜待ち合わせてお食事をしたこと。
楽しかったあ♪
その時のブログ「名古屋世界の山ちゃん~太閤様400年の商家お嬢様と
たかよさんの行きつけのワインのイタリアン。たかよさんには、裏メニューが出てくるのでした。すごい。そして、せっかく名古屋に来たのでと名古屋名物幻の手羽先との味噌カツの「世界の山ちゃん」にも連れてってくれました。お忙しい中、<おもてなしがいっぱい>心から感謝です。九州にもいらしてください。