メンタルヘルス

メンタルヘルス研修(ストレスマネジメント)

メンタルヘルス研修
(ストレスマネジメント)

心も体も健康に働いていますか?

メンタルヘルスとは、心や精神の健康のことをあらわします。

体の健康は定期的な健康診断や目に見える症状などで対処の仕様がありますが、心のほうはいかがでしょうか。
長引く不況、過度な成果主義、ノルマ、リストラ、長時間残業、コミュニケーション不足、ハラスメントなど、さまざまなストレスによって心に問題を抱えてしまう人が増えている現代です。

職場に仕事が理由で心に問題を抱えてしまっている方はいませんか?また今後、そのような方が出てくる心配はないでしょうか?

うつ病・ひきこもり・睡眠障害・摂食障害・神経症など、ひとりで心に病を抱えてしまう方というのは必ずいらっしゃいます。うつ病は心の風邪と呼ばれるほどありふれた病気で、一生のうち、うつ病にかかる確率は10%程度あると言われています。
現代のストレス社会において、職場の心の健康管理は社員自身の責任とは言えなくなってきているのです。

メンタルヘルスケアは既に企業のリスクマネジメント対策の最重要課題のひとつとなっています。社員のメンタル部分に対し、何も対策されていない企業様は問題が発生する前に職場のメンタルヘルスについて学ばれることをおすすめいたします。

メンタルヘルス研修事例

「職場のメンタルヘルス・ラインケア」
~ライン長の部下への関心が組織の活性化~

1 風通しの良い職場を目指しませんか?
・ストレスマネジメントとは
・職場で全体で取り組もう

2 ストレスとは何か?
・最適なストレスレベル
・ストレスの影響を受けやすい人とは
・「チェックシート」

3 部下の行動からストレスサインを読み取る
・「あれ?」「いつもと違う?」

4 メンタルヘルス「うつ病」
・早期発見、適切な治療

5 安全で勇気づけられる環境を創る
・傾聴のワーク
・承認のワーク
・メンタル予防の”モチベーション”

6 まとめ
・部下の異変に気がついたら

メンタルヘルス研修例

  • なぜ心の病にかかるのか
  • 職場のメンタルヘルスチェックポイント
  • 心の病 起こりやすい時期と傾向
  • 心の病 心理状態と症状
  • 職場のコミュニケーション
  • 心の病にかからせない予防策
  • メンタルヘルスの強化方法
  • ストレスマネジメント
  • 管理者として知っておくべきメンタルヘルス
  • 心と体の癒し方
  • 心の自己管理セルフチェック
  • 心の病にかかってしまった部下への対処法
  • 傾聴スキルアップ
  • 安全配慮義務とは
  • 快適な職場環境作り
  • 職場でできるカウンセリング

メンタルヘルス研修ポイント

ストレスへの気づき・ストレスへの対処方法、職場での適応能力を学習します。
ストレス耐性の高いスタッフを育成する手助けとなる教育です。
ストレスケアのできる管理職を育成します。