新しい年度が始まります。

3月別れの季節を得て、4月は出会いの季節ですね。
今年は、九州は桜が満開の中で、入社式が行われます。新しい息吹が吹き込まれる!新しい年度が始まります。

新入社員を迎える準備で大忙しの企業様も多いことでしょう。迎える側も今年の新入社員は、どうだろうか?と、緊張します。新入社員も不安と期待と入り混じった気持ちでいっぱいでしょう。

さて、私たち研修講師は、「新入社員研修」真っ只中です。新入社員研修の大きな目的は『学生から社会人へのパスポート』です。意識の切り替えが上手く行われるかどうかがポイントです。

まずは、時間の概念から変革意識付けです。
高校・専門学校・大学と講義に行って驚くのですが、遅刻が当たり前になっているのです。10分とか30分とか、平気で遅れてきます。そして、遅れてすみませんの気持ちがない。そんな時間概念の新人がやってくると考えてください。

仕事は、お客様に喜んでいただくものです。
その対象をしっかりと認識しでいかなければ、お客様気分のままです。お客様に喜んでいただく商品・サービスができて、その対価としてお給料があるという意識をきっちりともてると、成長が早いです。自ら考え行動する社員、”自律した社員へのパスポート”です。

そのために、同僚・先輩・上司・お客様とのコミュニケーションが必要となってきます。相手の立場にたつこととは、どういうことでしょう。相手を信頼関係を築いていくためには、何が必要なのでしょう。ビジネスマナーは、独立しているものではなく、コミュニケーションと共にあります。

  • 清潔感ある身だしなみ
  • 元気のよい返事とあいさつ
  • 相手を思いやる言葉遣い・敬語
  • 表情:笑顔や真剣な表情
  • 立ち姿歩き姿
  • きびきびした行動

リーダーよ、職業人意識、プロフェショッナル意識を伝播していきましょう。
企業の理念・ビション・行動指針をしっかり伝えましょう。
リーダーよ、仕事の想い・夢・情熱を語りましょう。
新人の想い不安と期待を知り、見てあげましょう
声かけ:認めて褒めてねぎらう8割、叱る2割を意識しましょう。
責任感が育ちます。

新入社員のみなさん、求められているのは、元気とやる気です。行動することです。仕事の仕方を身につけて行きましょう。先輩の指示を待ってぼんやりしていてはいけません。
「はい」と返事をして、ペンとメモを持って、書きとめます。「ありがとうございます」と感謝を持って、お礼を言いましょう。失敗や壁にぶつかるのは当たり前です。

先輩も上司も失敗を繰り返し、乗り越えて今があります。私たちが知っている成功者でもそのようです。

■俺は、何度も何度も失敗した。うちのめされた。それが、俺の成功した理由さ。
ーマイケル・ジョーダンー

さあ、新入社員研修でお会いする新人たち、元気よくチャレンジして行きましょう。

期待しています!